痔の散歩道 〜痔という文化〜

日本人の3人に1人は痔を持っているといわれています。痔は私たちにとって身近な病気のひとつですが、痔という病気がもつイメージがよくないためか、あるいはかつての結核などのように死に至るような疾患でもないためか、文学作品などに登場している例は少ないように思われます。
 しかし、調べてみると、小説、随筆、日記、詩、川柳など、意外に多くのものに「痔」の記載があります。例えば、夏目漱石の「明暗」は痔の診察場面から始まり、入院、手術を背景とし物語が進行しております。漱石自身が痔ろうで2回手術した経験があり、そのことを日記にも詳しく残しています。また、芥川龍之介の「歯車」、ゴーゴリの「外套」などの著名な小説にも一言ですが「痔」の記述があります。
 ここでは、文芸作品のほか、「痔」の神様を祀ったお寺、「痔」に悩んだ有名人、「痔」の民間療法なども取り上げ、「痔」にまつわる様々なものを紹介します。
【更新情報】
2019.12.27 コンパクト版に「山頭火」「もじり百人一首」を追加しました
2019.09.24 痔の散歩道が「コンパクト版」・「詳細版」の二部構成になりました
2019.04.16 詩・短歌・俳句に「北斗帖(違星北斗)」を追加しました
2018.11.15 詩に「遺言状(ハイネ)」を追加しました
2018.08.22 小説「勧善懲悪(織田作之助)」を「勧善懲悪・わが町・青春の逆説(織田作之助)」へ
        更新しました
2018.07.10 痔を癒す神々・温泉「東北編」に「まんじゅうふかし」を追加しました
2018.06.22 その他「医心方」を更新しました
2017.11.21 随筆・紀行に「左見右見 四字熟語(別役実)」を追加しました
2017.09.09 小説に「極北クレイマー(海堂尊)」を追加しました
2017.09.08 随筆・紀行に「肉体百科(群ようこ)」「貧困旅行記(つげ義春)」を追加しました

 
「痔の散歩道」は、二部構成になっています。
  コンパクト版
 
▲詳細版から一部を抽出し、
コンパクトにまとめています。
詳細版
 
  ▲テーマごとに
詳しく紹介しています。
       
 
 
     
 
 
 
痔プロ.com